ホーム
English version

Franšais

場所 農場・ブ ティック・ピクニックの場所
歴史
活動 ナーセ リー・訪問・出版物・フランス&オーストラリアにての講演・研修・講習
コレクションlラベン ダーのリスト
農園の商品
出版物書籍・専門 情報
テストラベンダー について
ギャラリー
記事
アクセス方法
お問い合わせ予約:ツ アー・訪問・セミナー・ピクニックの場所、出版物の注文
 
 
 
 
 
 
ラベンダー農園

プロバンス地方の中心、ヴァントゥー山とリュベロンの間に位置し、連なるラベンダー畑は芳しい香りを漂わせ、ソー村を色鮮やかに美しくする。まず初めに、 Jardin Conservatoire (ラベンダーの保全の庭)は1994年、最初に、ソー村のすぐ近くの村のVerdolier(ヴェルドリィエ)に 作られました。

ラベンダー農園の前身である“Le Jardin des Lavandes ”は、時の流れと共に、30品種から200種を所持するに至りました。現在、ラベンダーのコレクションは、 C.C.V.S. *╣によって承認され、村から近くのヴァントゥ山道りに所有する土地に開業しています。

この農園は、単に様々な種類や色の植物を使った花壇というのではなく、小さな青い花がラベンダーのあらゆる側面を見せている広い空間であり、ラベンダーの起源というものを露わにしている場所です。

香り豊かなラベンダー畑の中で、この土地固有の品種が夏の芳香を漂わせ、異国的な品種は季節には外で、そして冬には温室の中で常に花を咲かせています。

ここラベンダー農園は、ラベンダーに関する農場であり、同時に、保全の庭であり、ラベンダーコレクションのナーセリーです。

羊の放牧と共存している田園環境の元、庭そして温室の中で、世界中のほとんど全品種のラベンダーが保存され、多大な関心を持って研究されています。

農園の訪問、様々な発見のワークショップ(園芸、香水、香りのオーナメント作り、料理、植物標本等)は、カトリーヌ リアデット(ソー村の初期の蒸留物製造業、ラベンダー栽培者の一人であるポール リアデットの孫娘)によって準備され、案内されます。


*╣ C.C.V.S.(CONSERVATOIRE DES COLLECTIONS VEGETALES SPECIALISEESの略称):植物における希少種や絶滅危惧種等の種の保全を推進する団体であり、多くの科学者そして専門的な植物コレクションの ナーセリーの人々で組織されている。
 
   
   
 
La ferme aux Lavandes

Catherine Liardet - Route du Mont Ventoux - 84390 Sault-en-Provence
TÚl. : (33) 04 90 64 00 24 - Mobile : 06 82 93 52 09
E-mail : contact@la-ferme-aux-lavandes.com